今や高級日本酒の代名詞にもなった感のある「獺祭(だっさい)」ですが、実は種類がたくさんあります。

いざ購入しようとすると、迷ってしまいませんか?

獺祭の2割3部、3割9部って?
数字の少ないほうが値段が高くなるし、どう違うのか?

いっそのこと、全種類が入ったセットがあると、わかりやすいですね。

実は、そんな獺祭のセットが楽天に用意されているのです。





このセットだと、

獺祭の2割3部も3割9部も5割も、一度に味わえて、獺祭通になれますね。

贈り物にも最適です。

獺祭というブランドは有名ですから、あまり詳しくない人でも喜ばれるし、

詳しい方には代表的な3種類全てが味わえるので、とても喜ばれますよ。

楽天なら、
ポイントが付き、送料無料で格安に購入
できますね。

獺祭の種類と値段の違いは?

日本酒の原料がお米であるのは、皆さんご存知だと思います。

通常私達が食べているお米は、玄米を1割削った精米歩合が9割のお米です。

日本酒に使われるお米は、この精米歩合をさらに増したものになります。

お米は中心部が甘いでんぷん質で、外側は雑味や苦味の多いタンパク質になります。

外側のタンパク質を削れば削るほど、美味しい日本酒が出来るのです。
 
 

  • 3割削って7割残ったものを、本醸造。
  • 4割削って6割残ったものを、吟醸。
  • 5割削って5割残ったものを、大吟醸。
、といいます。
 

大吟醸ほど、雑味の少ない高級ランクになるわけですが、使うお米の量と削るコストがかかるので、当然お値段も高くなります。

獺祭2割3部は、お米の77%を削って、残り23%の中心部だけで造られ、雑味が最小限になっているということです。

いかに贅沢な大吟醸酒かということがわかります。

獺祭2割3部は、削るコストもかかり、お米もたくさん使うので、値段は一番高くなります。

しかし、人の好みは様々で、3割9部や5割の方がコクがあって好き、という方も多いのです。
 
 
そこで、今回の獺祭飲み比べセットは、獺祭を味わうには非常によくできたセットといえますね。

予算が半分のセットも有ります。こちらはお手軽に贈り物に使えます。

自分へのご褒美にも最適ですよ!


獺祭飲み比べセットの口コミ・評判は?

そんな獺祭飲み比べセットの評判はどうでしょう?

良かったです

すぐに発送してくださいました。配送業者の不手際で3日遅れましたが無事到着しました!

旦那さんへの父の日のプレゼントでしたが、とっても喜んでくれました。

父への誕生日プレゼント

日本酒が大好きな父がすごく喜んでくれました。

今、大人気のお酒が飲み比べ出来るので、とても素敵なプレゼントになりました。



やはり、日本酒の好きな方への贈り物には最適です!

日本酒好きな私も、こんなプレゼントだったら大はしゃぎしますよ。

おすすめの記事